<BODY>             全三井陸上競技大会の生い立ちと歴史
 全三井陸上競技大会は、戦後間もない昭和24年(1949年)10月、故、田島直人氏
( 鉱山 1936年 第11回ベルリン五輪 三段跳び金メダル )等が中心になり、三井系7社
( 銀行、生命、信託、化学、鉱山、船舶、不動産 )の対抗競技という形で学習院のグランド
を借りて第1回大会を行ったのがその始まりです。

 3年後の昭和27年に故上田弘助氏( 三井化学 )、柏倉敬司氏( 三井鉱山 )
芦澤忠直氏( 三井不動産 )等の尽力により「三井陸友倶楽部」が誕生しました。
その翌年の昭和28年秋に故織田幹雄氏( 1928年第9回アムステルダム五輪三段跳び金メダル)
を特別ゲストに招き「第1回浜田山陸上選手権大会」が開催されました。

 以降、春は「全三井各社対抗陸上競技大会」、秋は「全三井浜田山陸上選手権大会」
の年2回の開催が定例化しました。

 昭和44年の大会より、春の大会は三井物産府中グランド、秋の大会は浜田山陸上競技場での
開催が定着し、40年間続きましたが平成17年(2005年)に両グラウンドとも同時に閉鎖されました。
平成18年より、春は代々木公園内の織田フィールド、秋は慶応日吉グラウンドに場所を移し、
ました。その後、春の大会の会場の確保が困難になり、平成27年(2015年)より一橋大学のグラウンドでの
開催ができる運びとなり今日に至っています。

                     
         田島 直人氏                          織田 幹雄氏
(第11回ベルリン五輪1936年三段跳び金メダル)  (第9回アムステルダム五輪1928年三段跳び金メダル)

2015年10月更新