<BODY>          三井陸友クラブ規約
第1章 総 則
第1条 本クラブは三井陸友クラブ( Mitsui Amateur Athletic Club )と称し、
毎年幹事会社がその事務取扱に当たる。幹事会社は別に定める。

第2章 目 的
第2条 本クラブは陸上競技を愛好するクラブ員の技術の向上とスポーツマンライクな
友誼の交流を図る事を目的とする。

第3章 メンバー
第3条 本クラブは三井関係会社の陸上競技チーム単位に加入してメンバーを構成する。
第4条 陸上競技チームの存しない三井関係会社に勤務するもので本クラブに加入を
希望するものは、評議員会の承認を得て個人加入する事ができる。

第4章 役 員
第5条 本クラブに次の役員を置く。
 会長    1名
 副会長  1名
 幹事長  1名
 会計    1名
 評議員  10名以内
 監事    1名
第6条 役員は総会において選任し任期は2ヶ年とする。
但し再任を妨げない。

第7条 役員に欠員を生じこれを補充した場合は、その任期は前任者の残存期間とする。
第8条 本クラブは必要に応じ顧問を置く事ができる。
顧問は会長の推薦により総会の承認を得るものとする。
第9条 役員の職務権限は次の通りとする。
1.会長は本クラブを代表し運営を統括する。
2.副会長は会長を補佐し会長事故あるときはその職務を代行する。
3.幹事長は会長及び副会長を補佐し、会長および副会長に事故あるときは
  その職務を代行すると共に、評議員会を主宰する。
4.会計は本クラブの会計を司る。
5.評議員は評議員会において本クラブの活動の企画並びにその運営実施を
  審議する。
6.監事は本クラブの会計を監事する。
第5章 会 議
第10条 本クラブは総会、評議員会並びに各社連絡会を行う。
2.定期総会は年1回とし会長がこれを招集する。
3.評議員会は必要に応じ開催する。
4.各社連絡会は年2回以上これを開催する。
第11条 会議の議長は会長がこれを指名する。
2.議案は出席構成員の過半数をもって決定し可否同数の場合は議長が
  これを決定する。
第12条 総会は1チーム1単位として構成する。
第6章 行 事
第13条 本クラブは次の行事を行う。
1.浜田山選手権
1.全三井各社対抗戦
1.合同練習会
1.技術研究会
1.加入チーム間の試合スケジュールの調整
1.その他
第7章 会 計
第14条 本クラブの経費はクラブ費、寄附金、その他の収入をもってこれに当てる。
第15条 経費はクラブ運営費として使用する。
第16条 本クラブのクラブ費は総会において決定する。
第17条 会計年度は毎年1月1日に始り12月末日に終る。
2.幹事会社は年度終了後、最初の総会において決算報告をなし、承認を得るもの
  とする。
第8章 附 則
第18条 本クラブの規約の改定は総会にて行う。
第19条 この規約は昭和29年2月9日より実施する。
第20条 本クラブの解散は全クラブ員の同意を必要とする。
( 改定 ) この規約の一部を平成4年6月7日改定する。